海外進出していく会社の海外派遣社員について

派遣社員は、仕事を紹介してもらうと同時に、派遣会社と雇用契約を結び、勤務先に派遣されます。

海外進出していく会社の海外派遣社員について

派遣会社の仕組みについて

人材派遣に関する法律は労働者派遣法で定められていて、派遣が可能な期間や業務が決められています。パートや正社員と比べて異なるところは、雇用契約する会社と就業する会社が別であるとことです。直接雇用は、雇用主と被雇用者が雇用契約を結んで、給料も雇用主が支払います。しかし、派遣社員は派遣会社と派遣先の2つの両方が関わってきます。派遣とは派遣会社と派遣社員、派遣会社と勤務先がそれぞれ契約を結んでいます。派遣社員は、仕事を紹介してもらうと共に、派遣会社と雇用契約を結び、勤務先に派遣されます。仕事上の指示は勤務先から受けますが、事実上の雇用主は派遣会社で、給料を払うのも派遣会社なのです。派遣は紹介できる仕事があってが初めて雇用契約が結べる仕組みです。長期の仕事の給料は月1回〜月2回支払われることが多く、短期の仕事は短い期間で支払われます。

また、派遣には、一般派遣、紹介予定派遣、特定派遣の3タイプあります。紹介予定派遣とは、派遣先に直接雇用されることを前提に、一定期間派遣として働き、派遣期間終了時に派遣先と本人が同意したら社員になって働く派遣スタイルです。派遣期間は平均では3ヵ月ほど、最大で6ヵ月ほどに設定されていることが多いです。

Copyright (C)2017海外進出していく会社の海外派遣社員について.All rights reserved.